アドベンチャーゲームの入江

アドベンチャーゲーム(ADV)を600本以上持つ筆者が、元ゲームプランナーの視点からADVを紹介するブログ。ギャルゲーからミステリまでADVならなんでも。

PS4・真のオススメギャルゲーはこれだ!

f:id:irienlet:20200129124212j:plain

PS4 でほぼ毎月発売されているギャルゲーを全て見てきた私から、
ゲーム性もあってしっかりと楽しめる作品をご紹介させていただきます。


恋愛アドベンチャーゲームの市場としては、PCゲーの18禁要素を抜いた移植が非常に多く
1年に1本程度、完全新作が発売されるくらいなのが現状です。
もっと工夫を凝らしたギャルゲー、出していいのよ?

PS4・真のオススメ推理ゲームはこれだ!の記事も併せてどうぞ。

 

スポンサーリンク

 



Song of Memories

まず紹介するのは、公称「次世代恋愛ADV」である『Song of Memories』。
本作は家庭用ゲーム機向けADVで初めて、フルゲームでの E-mote 技術を採用。
立ち絵だけではなく一枚絵のシーンでも用いられており、
全編において、キャラクターのより繊細な「動き」を表現している意欲作。


E-mote とは Live 2D みたいなものと思っていただければOK。
どういう画に仕上がっているのか?気になる方はこちらの動画を参照していただきたい。

固有ジャンルは「愛か平和か究極の選択恋愛アドベンチャー」。
兄妹二人暮らしをしていた家に、病弱だった幼馴染が引っ越してくることになる。
愉快な家族が増え。学校生活もより楽しくなっていくというところ、
近頃は人間が別の生命体に変異してしまう謎のウイルスがはびこっているらしい。
それは遠い世界の話、と誰もが思いながら過ごしている日常の中、
保険会社の調査員を名乗る女性が、主人公達の周囲をうろつきはじめる。
そしてついに惨劇の舞台となってしまうこの街において、愛を取るか平和を取るかの、究極の二択が求められる―。

前半はよくある学園系のギャルゲーです。
誰と一緒に下校するか?を選択し、そのエピソード中に出てくる選択肢に正解すれば好感度アップ。
これらは全て「チャート」の図にまとめられており、攻略状況が一目でわかる親切設計。

チャートを見れば、何日に誰とのイベントが起きるか、正解の選択肢を選べていたか、などがすぐにわかる。
イベントが起きない場合は好感度関係か、別の角度から攻めるか・・・という戦略の元にも使えるので
攻略サイト要らずなのである。


後半になると前半の和やかな雰囲気は一変。
未知の脅威が襲来し、そこからどうやって生き抜くかという話になる。
後半パートは間違えたら即BAD ENDの緊張感もありつつ、しっかり話としてまとめてきています。
それも、プレイヤーが愛か平和かの選択によって結末が大きく変わります。
脅威の犠牲となるヒロイン達を○○してしまうその姿は、ある意味次世代と言えなくはない悲しい姿。

本作には音ゲーでのバトルパートがあるのですが、
アップデートによりこれらはスキップ出来るようになっています。
この部分、発売当初は本当に怠かったので、必ずアップデートしてからプレイしてください。
現在はとても快適に物語を進められるはずです。


凄惨な爪痕を残して幕を閉じる本作ですが、なんとこの事件の7年後を描く
続編『Song of Unleashが2020年に発売予定となっているのでこちらも要チェック。

実は佐倉綾音・榊原ゆい・本渡楓ら人気声優が起用されている・・・。

 


 

Memories Off -Innocent Fille-

家庭用ゲーム機で恋愛アドベンチャーゲームと言ったら外せないシリーズ、『Memories Off』。
2019年は第1作発売から実に20年となる。
「シリーズ物は入りにくい・・・」と敬遠されがちではあるが
本作『-Innocent Fille-』はここからプレイしても全く問題の無いものなので安心して、是非プレイしてほしい。

過去作をプレイしているとニヤりと出来る小ネタが、ファンサービスで入っているくらいだ。

Memories Off シリーズは「かけがえのない想い」をテーマとした
純真で一途な恋愛物語なのである。

・・・が、なぜか修羅場が標準搭載の、他とは一線を画す独自の世界が繰り広げられる。

本作は「ライトサイド」と「ヘヴィサイド」と呼ばれる2つの物語がある。
後者は本作の全てに迫る解決編であり、さながらサスペンス物の作品となるので
今回はあえて、恋愛ADVとしての側面が強い「ライトサイド」をご紹介。

主人公・楠瀬累は、姉妹校の制度を利用して冬の湘南に一時編入している。
幼馴染の三城柚莉・三城莉一らと学園生活を楽しんでいた。
そんな中出会ったのが、女子校に通う、フランスとのハーフである嘉神川ノエル。とその友人・志摩寿奈桜。
彼女たちの人間関係は歯車が噛み合っておらず、
寿奈桜はノエルを虐めるグループが慕う人物の親友であるのにも関わらず、2人で行動をしている。
ノエルはノエルで、心を無、透明にしてしまい何もかもを受け付けないよう鍵をかけてしまっていた。

・・・「ライトサイド」とは一体?という重さがシナリオにあります。
エンドもいくつかあり、場合によっては叱責と平手打ちを喰らう最悪なエンドまであり
PC移植ゲーの、ちゃらちゃらした学園恋愛生活とは大違いです。

ノエルという強い子とだからこそ紡ぐことの出来た、「メモオフらしさ」に包まれる
結末に是非たどり着いてください。


そしてもう片方、いじめの問題を解決させようとする志摩寿奈桜ルート。
こちらはおまたせしました、修羅場になります。

どちらのルートもしっかりとメモオフの味を出しつつ、
どれを選ぶかついつい迷ってしまう魅力的な選択肢が物語をそっと後押し。

そして本作独自システムである『R.A.I.N.s』。
特に重い二者択一の場面に現れ、「見捨てるほう」を選択させられます。
プレイヤー自身の手で確実に、片一方を掴み、片一方を見捨てるのです。


動き出してしまったら止まらない、もう戻れないと感じさせる珠玉の恋愛ADVを是非体験していただきたい。
もし恋愛部分で本作が気に入ったなら、そのまま「ヘヴィサイド」に突入し
完全クリアまでして本作の全てを明かしてみてはいかがでしょうか?

また、本作の後日談を描くファンディスク『Memories Off -Innocent Fille- for Dearest』も発売中!

※ Nintendo Switch / PS Vita でも遊べます

 

スポンサーリンク

 


 

ノラと皇女と野良猫ハート HD

キャラクターがとにかく良く、話もポップで楽しめる作品といえば
『ノラと皇女と野良猫ハート』。

紹介はしますが、本作は PS4 版ではなく、 Switch 版もしくは PS Vita 版でのプレイを強く推奨します。

冥界の名門・エンド家の皇女、パトリシア・オブ・エンドは
地上を征服せんと降り立った。
しかし地上の生気にやられ早速リバースしてしまう。
そんな春、パトリシアと出会った普通の男子高校生・反田ノラは魔法でネコにされてしまった。
ノラの友人・家族達を巻き込んだドタバタコメディが始まる。

本作の登場キャラにはいい子達が揃っています。
地上のことを必死に理解しようとするパトリシア。
幼馴染で真面目な風紀委員ながら恋には奥手、黒木未知。
母親のような包容力を持つ、夕莉シャチ。
いろいろあって同い年だが1つ下の学年、元気っ子の明日原ユウキ。
この4人のメインヒロイン達に、サブキャラも加わって楽しげな毎日が展開されます。

前2本と比べてゲーム性は低いのですが、キャラクター性では負けず劣らず。
ギャグや独特のノリも本作ならではのものがあり見逃せない。
物語の長さもちょうどよく遊べるくらい。

共通ルートの「その後」から発展してサブキャラ達とのルートを楽しめる
『ノラと皇女と野良猫ハート2』も発売されています。

※ Nintendo Switch / PS Vita で遊ぶことをオススメします。

(註:「エロが規制されているから」ではなく、「表現したいことが規制によって満足に表現出来ていないから」、他のバージョンをおすすめしています。)

 


 

Chaos;Child らぶ☆chu chu!!

続き物なので純粋にオススメは出来ないが、十二分に遊べるギャルゲーはこちら。
思春期のエロ&エロな妄想が爆裂する「妄想爆裂ADV」!


『Steins;Gate』要する「科学アドベンチャー」シリーズ第4弾、
『Chaos;Child』のファンディスクが本作。
『Chaos;Child』はサスペンス物としてそれはそれは素晴らしい出来となっているので
是非プレイしていただきたい・・・というのは置いておいて

本作はそんな『Chaos;Child』の世界で、あったかもしれないイチャラブが存分に楽しめる。

本作は分岐方法が特徴的。
まず、「YES / NO トリガー」。
よくある雑誌の占いコーナーのように、質問に対して YES か NO で答えていく。これで攻略キャラが決まる。
そして「妄想トリガー」。
特定のシーンで、良い方向か悪い方向の妄想をするかを選択出来る。
本来は思春期のエログロ・ポジティブ&ネガティブな妄想というところから来ているが、
今回はエロ&エロな妄想をガンガンしていくぜ!という突っ走り方。

普通のアドベンチャーゲームにおける選択肢らしい選択肢が存在せず、
独自のシステムで選択を促すのがこの「科学アドベンチャー」シリーズの特徴でもある。

そして本作もうひとつの特徴は、何より「攻めまくっている表現」
CERO:D で出来る限りのエロ方向に特化したあれやこれやが見られるはずです。
表現ならPC移植ゲーの方が優れているのでは?と思われるかもしれませんが、根本的に彼らはスチルの枚数が少ない。
その点こちらは、最初から攻めた表現に特化している作品ということもあり
他の追随を許さないものとなっております。

『Chaos;Child』をやっていないと楽しめない、というハードルの高さはありますが、
同作のハイレベルな出来と衝撃の結末を楽しんだ後、息抜きでプレイしてみてはいかがでしょうか?


※ PS Vita でも遊べます。

 


 

キミの瞳にヒットミー

「やりたいこと」にひたむきな彼女と恋するADV。
自分の夢の実現に全力を注ぐヒロイン達と、恋をしませんか?


廃部寸前となった文芸部の部室に集められたヒロイン達には、それぞれ「やりたいこと」があった。
「お笑い」「"素敵"を発見する」「世界を征服する」「青春をする」・・・。
主人公はそんな彼女たちをひとまず、それぞれの活動をローテーションで行う「シェア部」としてまとめることに。
そしてこの「シェア部」の中で、主人公とヒロイン達は自身の「やりたいこと」の本質に向き合う。

攻略は簡単でゲーム性は低いのですが、実はシナリオがなかなか好み。
割と「読ませる」内容の物語でした。


青春したい!というヒロインの「青春部」は、まず彼女がどんなことをしたいのか?から
深くキャラクターを掘り下げ、「やりたいことを見つけること」のために奮闘するお話だったり。
魔王を自称する痛い中二病の子が掲げる「世界征服部」は、
実はその彼女の生い立ちと密接に関係したお話だったり。

大人になって忘れてしまった感情、「夢を一生懸命に追いかける」を
思い出させてくれる作品になっています。


※ Nintendo Switch / PS Vita でも遊べます。

 


 

以上5本!!!!!

『Memories Off -Innocent Fille-』は敢えて恋愛ADVの部分を紹介したが、
同作は真相へ迫るルートだとサスペンス色が濃くなっていくので
その辺も楽しんでいただければと思う。
シリーズが20年積み上げてきた実力がいかんなく発揮されている。


『Song of Memories』は新規参入・完全新作の作品として応援したい。
初週売上が1400本と悲しいものだったので、アップデートで快適に遊べる今こそ・・・!


PC移植ゲーは大体が、学園で面白くもない恋愛をするだけのゲームなので
家庭用機オリジナルの『メモオフ』『SoM』『カオチャLCC』は貴重。
このあたりは是非手にとってほしいところ。

 

スポンサーリンク